2021-02-08

身体の緊張が即開放!極感じる触り方

『日本人のDNAに備わっている身体の感性を取り戻せば、
何歳になっても運動神経・能力はアップする!』

人生100年時代!心身共にストレスフリーで
生き抜く智慧『脱筋力』

年齢、体力、運動センス問わず、誰でも出来る
身体の使い方を次世代へ継承する、
永遠のチャレンジャー応援団長の整体師の大内です。

今日は、

『ストレスを解消する真の智慧』
肉体編をお届けします。

私の講座内でも伝授している
超〜有料級の内容です。

この方法を身に付けられれば、
整体やマッサージに行かなくてもよくなります。

家族にも施術をしてあげられ、
家族の健康も守れるようになります。

 

ストレス、緊張には、

『肉体的』

『内面的』

の二つがあります。

さらに、
これらを分類すると、、

 

【肉体的緊張】
・自分の身体自体が固く緊張している
・無意識に緊張させるクセがある

 

【内面的緊張】
・自意識過剰
・自我が強い
・警戒心
・対立心

 

今回は『肉体的緊張』解決法について
お伝えしていきます。

===========
肉体的(身体)の緊張をとる方法
===========

肉体的緊張を取るには、

『とにかく自分の身体を触る』

ことです。

たとえば、
ふくらはぎが凝り固まってしまうのが
気になるのなら、

ふくらはぎをさする、ほぐすなどの
セルフケアをします。

とは言っても、
身体原理を用いて行うセルフケアは、

ただ力任せに強い刺激を加え、
マッサージするとは違い、

丁寧に、繊細に、

『感じます』

 

自らの身体と感じ、
対話するかのように行います。

触る側の手は、ふくらはぎに
ピッタリと隙間無く、
密着させた手で触ります。

 

さらにもっと深く感じます。

硬さ、重さ、冷たさ、気、
むくみ度、なんか気になる、、

 

などです。

コツとしては、

相手を気遣う、
やさしい手を心掛け触ります。

 

例えば、
こんな赤ちゃんをあやしているのを
イメージしてみてください。

 

赤ちゃんに対して、
強い力では触らないはずですよね?

声掛けをしながら、
笑顔で触れますよね?

大人も一緒です。

例えば、

ふくらはぎを感じながら、
やさしく、やさしく、
丁寧に感じながら、

 

「いつも頑張ってくれて有難う!」

「こんなに負担を掛けちゃってゴメンね!」

みたいな感じで
労い感謝しながら
さすってあげましょう。

これだけでもふくらはぎが
かなり軽くなるのが
わかると思います。

初めは少し物足りない感じがするかも
しれませんが、

加える力が弱いからこそ、
触れる箇所の状態を把握できるというものなので
感じるに集中してみてください。

優しく丁寧に触る習慣を身に付けるだけで
感じる力がついてきます。

多くの人が眠っている感性が
よみがえってきます。

これまで辛かった

腰痛、坐骨神経痛、肩こりなどが
解消するかもしれません。

この感性が優れて来ると、

日常で自分の身体に
無意識の緊張が入っていることも
客観的にわかるようになります。

これはすぐに出来ない、
簡単ではないかもしれませんが、

毎日少しづつでも観察していれば、

最短で約3ヶ月ぐらいで
自分の変化に少しずつ気がついて
くるはずです。

ぜひ優しく触れるセルフケア、
実践してみてください。

この触れ方私の整体を学びたい方は
以下の当院公式ラインよりご連絡ください。

 

【院長大内の壮絶な腰痛体験記で腰痛改善のプロセスが分かる↓】

【当院公式ラインご登録、初回2,000円キャンペーン大好評実施中!↓】

+——————————-+

★お得な情報満載 LINE@ご登録はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40nar0717v

【発行者情報】
健風館施術院 大内英二
静岡県富士市浅間上町1-3
0545-51-7839

ご質問、お問い合わせはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8bb910bd305954
+——————————-+

 

 

 

関連記事