2019-11-22

人間関係のストレスは感じれば改善する!

【人間関係のストレスは感じれば改善する!】

こんにちは、

『感じる力を鍛えるだけで、心身共に健康になれる!』
『様々な痛みの根本原因である
人間関係のストレスを解消するお手伝い!』

身体コミュニケーション整体師の大内です。

前回は肉体的緊張の解決策、

『セルフケア、触れ方のコツ』
をお伝えしました。

今回は、
もう一つの緊張である、

『内面的な緊張』
^^^^^^^^

から来る、
人間関係のストレス解決策をお話します。

これまでの整体師人生でも
これによって身体の痛みが増大する人が
かなり多いと認識しています。

かなり厄介なクセですので
しっかり読んでみてください。

この【内的緊張】の原因は、

・自我が強い
・自意識過剰
・警戒心
・対立心

です。

これらは相手の自体の問題というより
自分自らが勝手に作り出している問題です。

この状態とは、
意識のベクトルが自分に向いている、
つまり自意識過剰な状態です。

私はコレが昔は特に酷かったです。

「自分は相手にどう思われているだろう?」

「自分をよく見せたい・・」

「コイツはオレを嫌っているな?」

「相手を変えてやろう・・」

「絶対オレの方が優秀だし、
間違ってないし、負けたくない!」

「絶対負けるもんか!」

など、

客観的にこう表現すると
かなりダサい勘違い野郎ですよね(笑)

こういう考えの時は無意識で
身体は非常に緊張しています。

筋肉も硬直し、血流障害を起こし、
代謝の悪い硬くて、冷たくて、
重い身体になります。

この状態が長年続けば、
身体に良いはずもありません。

では、、

この内面的な緊張を取るには、
どうすれば良いのかですが、

それは、

1、『自意識過剰な状態をまず認識すること』

そしてストレスの元(ストレッサー)である
人間がいたら、その相手を

2、『ひたすら感じる』

ことです。

もう少し具体的に言うと、

『全てを相手に向け、
全身全霊で相手を感じる』

ことです。

かえってわかりにくいかな?(笑)

私たちは、無意識に
顕在意識、自分本位に
モノゴトを考えてしまいます。

目の前の人を感じることより、

「自分がどう勝ってやるか?」

など、自分が優位に立つことが
優先となってしまうのです。

これだと相手も反発することがほとんどです。

武道で例えると
非常にわかりやすいのですが、

この意識では掛けた技は
なかなか相手に掛かりません。

相手にも簡単に
自分の動きを先に悟られ、
容易に止められてしまうのです。

だからこそまずが
相手を感じることが一番です。

逆に『負けるが勝ち』で
自分が負けることです。

例えば、今相手が怒っているのなら、
まずは、

「相手は怒っているな?」

とわかっていても
再認識することです。

そして、

「この人は何で怒っているのかな?」

「この人怒ると普段より声が大きくなるな?」

など、

その人をさらに観察し、
より深く感じて観るのです。

そうすると少し、
あなたへの自意識へのベクトルが
相手の方へ少しシフトしていくはずです。

これを繰り返して行くと、
相手のことがもっと理解できるのです。

「この人は寂しい人なんだな・・」

「どうしてこんな想いになったんだろう?」

など、

相手の立場になって
考えられる人間になれるのです。

相手は理解されると
不思議と起こる気は薄れて行くものです。

お店のミスで相手がひたすら
丁重になられる、

「もうわかりました」
となりますよね?

この習慣で内的な
自分のストレスや緊張も少しは
無くなって行くはずです。

ただここまでの行く事は
かなり実践が必要で、
かなり難しいことですが、

是非とも気長にこれから
実践して行ってください。

「進化は急には起こらない!」

私も自身もまだまだですので
一緒に努力して行きましょう。

+——————————-+

★お得な情報満載 LINE@ご登録はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40nar0717v

【発行者情報】
健風館施術院 大内英二
静岡県富士市浅間上町1-3
0545-51-7839

ご質問、お問い合わせはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8bb910bd305954

関連記事