2019-02-13

腰痛改善のための入浴の知恵

【腰痛改善のための入浴の知恵 】

こんにちは、大内です。

まだまだ寒い日々が続きますが、
インフルエンザや風邪などを
引かれてませんか?

花粉症の症状も
敏感な患者さんには
出てきましたね。

今日はそんな花粉症にも
効果が出る入浴の知恵です。

それは、

『温冷水交代浴』

私の患者さんでも腰などに痛み、
症状がある人ほど,

お風呂は湯船には入らずに
シャワーだけだったり、

入浴の時間が短く、
いわゆる「カラスの行水」の
方が多いです。

お風呂に入らない理由や
入浴時間が短い理由としては、

・熱いお湯が苦手で長湯が出来ない、
・仕事で毎晩遅くなるので面倒くさい
・幼い子どもと一緒だから

などなど、

また入浴自体の目的が
単なる身体の汚れ落としに
なっているような感じを受けます。

お風呂に入らない習慣が続くことで
無意識のストレス状態が続き、

血流障害やホルモンバランスの
崩れが起こります。

それによってストレスや
不眠、食欲不振、風邪なども
引きやすいなど、

免疫疾患など起こりやすく、

自然治癒力も低下し
痛みや症状も治り難くなり、

その状態がさらに続けばガン、

脳心血管障害などという
重篤な病気にもつながる
可能性もあります。

お風呂は昔から半身浴などが
良い事と知られていますが、

さらに血流を良くし、
自律神経の働きを良くする方法が

『温冷浴』です。

温冷浴とはお風呂で熱いお湯と
冷水に交互に入ることです。

それによって血管の収縮と拡張が
活発になり、自律神経が活性化し、

血流も良くなりさまざまな疾患の改善に
つながることが多くなります。

やり方はいたって簡単です。

熱いお湯、43~45℃とかなり熱めがベスト。
(だが決して無理をせずに)

そして1分入ったらなるべく
冷たい冷水(10℃以下)に1分を、

計7回以上交互に繰り返します。

冷水が耐えられない方は
まずは自分が浴びられそうな温度に、

シャワー温度設定して、
徐々にステップアップしていっても
構いません。

とにかくまずは実践することが大切です。

お風呂に長く入れないという方は
熱さが苦手なパターンが多いので、

熱くて出たくなったら水を浴びれば
また熱い湯に浸かれるということを
繰り返せばよいということです。

私も長湯が苦手でしたが温冷浴で
お風呂タイムが長くなりました。

真冬でも変わらず行っています。

風邪も引き難くなった氣がしています。

温冷水浴は銭湯などで
サウナに併設している
水風呂があれば最高ですが、

自宅の場合には
冷水シャワーでも構いません。

ぜひ体育会系のノリ、
またはアニマル浜口のように

「気合いだ!!」
「オリャー!」

と気合いを入れて
水を浴びてみて下さい(笑)

あなたも風邪も引き難い体質に
変わっていくこと間違いないです。

温冷浴は精神疾患の方にも
とても効果があります。

痛み止め、血圧降下剤、精神安定剤、

睡眠薬など薬を飲み続けている人は
薬の副作用のために感じる力が
低下しています。

温冷浴で冷水を浴びる時は
冷たさのあまり、ウツ病の方は
ウツ状態にはなれません(笑)

パニック状況にも強くなり、

『レジリアンス力(危機対応能力)』

を高めるトレーニングという
位置付けにも持ってこいです。

冷水を浴びる、ないし水風呂に
入るコツとしては、

多くの人は、

「風邪をひいたらどうしよう・・」
「心臓が止まっちゃわないかな〜」

といった感情的なブロックが
働いてしまい、

実践をためらってしまうがちです。

まずはそんなことで、

風邪も心臓の問題も無いと
信じることです。

そして、

冷水を感じること。

シャワーなら冷水を掛けている
部分を感じてみてください。

冷たいからと言って、
身体を硬直させると余計、
冷たさを感じ易いので、

冷たさを感じないように
足踏みをしたり、

身体をひねってみたりして
冷水感覚を往なす(逃がして)
みてください。

また、

お風呂、湯船に浸か際に
天然塩、酵素などを入れるのも良いです。

また入浴中などで
水は汗をかいている時には飲まないこと
(入浴前、または入浴後の汗が引いた後に)

ホルモン、免疫、メラトニンが
活性化して寝付きが良くなる。

温冷水浴はアトピーなどにも効果的です。

アトピーなどの場合は患部に水を当てる。

最後は水を浴びて出るのもポイント。

湯冷めもし難くなります。

肩こり、冷え性に、
子ども、赤ちゃんの発育にも
温冷浴はとっても優れた健康法です。

​次回は『睡眠の知恵』です。

どうぞお楽しみに!

関連記事