2019-05-14

精神的緊張を緩めるには相手を感じる

【精神的緊張を緩めるには相手を感じる】

こんにちは、大内です。

私がビジネスと
古武術の身体の使い方の稽古場、
和身塾マスターマインド。

毎回ですが、
脳から汗💦をかくワークが
続きます。

とにかく、
実感が出来ない、
達成感や手応えがないワークが
ほとんどで?

ちっぽけな自尊心などは
簡単に破壊されます。

そんなことに囚われていたら
さらに不本意な出来ない状態が
続くことは実感できます。

主宰の山崎さんは、

「出来る、出来ないに囚われるな!」

「相手が動いた、動かないと言った、

そんな事が目的ではない!」

「相手を感じることが一義」

と言われます。

でも、

「相手を動かしたい!、出来たい!」

と気持ちは焦る。

この自我との葛藤を打ち消し、

いかに相手と関われるか?が

最高に難しいところです。

頭でわかるのと、

実際に出来るとの、

大きな違いに

打ちのめされます。

まあ、一生かけて、

やる覚悟はあるので、

これからも楽しみながら

稽古に精進します。

今日はそんな、

『相手を感じる』

の中で内面的、

感情的な部分の解消法に

ついてまとめてみました。

脳死状態の私。

以前、肉体的緊張の解決策、

『セルフケア、触れ方のコツ』

をお伝えしました。

今回は、

もう一つの精神的、

感情的とか言う緊張、

『内面的な緊張』

の解決策をお話します。

この緊張の原因は、

・自我が強い
・自意識過剰
・警戒心
・対立心

などがあります。

この状態とは、
自分に意識のベクトルが

向いている状態では

ありませんか?

「自分は相手に

どう思われているだろう?」

「自分をよく見せたい・・」

「コイツはオレを嫌っているな?」

「相手を変えてやろう・・」

など、

こういう考えがある時って、
無意識でも身体は緊張しています。

この内面的な緊張をとるには、
どうすればいいのか?

それは

『相手をありのまま感じる』

ことです。

もう少し言うと、

『全てを相手に向け、
全身全霊で相手を感じる』

ことです。

私たちは、無意識に

顕在意識、自分本位に

モノゴトを考えてしまいます。

目の前の人を

感じることより、

「自分がどうやるか?」

やることが優先となってしまうのです。

こんな人には人はついて

来てくれないのです。

武道で言えば、

技は決して掛からず、

相手にも簡単に

止められてしまうのです。

例えば相手が怒っているのなら、

相手が怒っているんだと

まず認識することです。

そして、

「この人は何で怒っているのかな?」

「この人怒ると普段より

声が大きくなるな?」

などとその人を観察し、

感じるのです。

そうすると少し、

自意識へのベクトルが

変わってきます。

難しいことですが、

是非ともこれから

実践して行ってください。

私もまだまだですので

一緒に努力しましょう。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【毎日お届け!当院メルマガ】
『愛する子や孫にも伝えたい腰痛改善の知恵』
読み忘れをされないための読者登録はこちらから
無記名メルアドだけでご登録可能!いつでも解除可能です↓↓
——————————————
【ライン@始めました!】
ご登録は以下URLからお願いします!
——————————————
*毎日更新アメーバーブログはこちらから
【スポーツジム、ヨガ体操教室、ウォーキングをやっても
 腰痛が取れない人のためのブログ】
——————————————

 

関連記事