2019-05-23

腰痛改善は頑張るより進化する!

【腰痛改善は頑張るより進化する!】

こんにちは、大内です。

「実は腰痛改善は頑張ってはいけません!」

と言うと、

「何バカなこと言ってんの!」

と言われちゃいそうですが・・

今日はそんな頑張ることの
盲点についてお話しますね。

「頑張る!」

「頑張りましょう!」

「頑張ってください!」

とか私たちはつい他人にも
言ってしまいがちです。

『頑張る』と言う言葉の由来は、

「そこに居着く、我を張る」

^^^^^^^^^^^^^

と言うことらしいです。

また、別の視点から

観てみると、
頑張ると言っている時の
自分の心境は、

「オレはコレだけ努力してるんだから
ぜひ認めてくれ!」

と言う感じの心境で、
潜在意識の中での承認欲求や、

「オレは頑張らなければならない!」

と言った義務的で
やらされている感が
滲み出ている気がするものです。

会社や学校や選挙などでも、

「がんばろう!」

の腰に手を当てて、
連呼をすることがよくありますが、

これも、

「もしかしたら、
自分はできないかも・・」

「ダメかもしれない・・」

という弱気で悲壮感に対して、
保険を掛けるような行為です。

予備校のセンター試験の前の映像や
選挙などもそう観えませんか?

私は、SNSなどは

「ガンバロウ!」

にあえて変換して使ったりします。

まだあなたのお子さんが小さい場合などは
小難しいことを言うつもりは無く、

「ガンバロウね!」

で良いと想います。

私は相手によっては、

「頑張る」

という言葉は、
一切使わないように
することもあります。

この「頑張ろう」
に変換出来る言葉と

しておススメなのが

「成長しよう!」

「進化する!」

です。

実際に口に言って
もらえればわかりますが、

「頑張ろう!」

よりは変な力が抜け、

無理は無い、
前向きなエールになる気がしませんか?

ぜひ意識的に

「進化しよう!」

使ってみてくださいね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【毎日お届け!当院メルマガ】
『愛する子や孫にも伝えたい腰痛改善の知恵』
読み忘れをされないための読者登録はこちらから
無記名メルアドだけでご登録可能!いつでも解除可能です↓↓
——————————————
【ライン@始めました!】
ご登録は以下URLからお願いします!
——————————————
*毎日更新アメーバーブログはこちらから
【スポーツジム、ヨガ体操教室、ウォーキングをやっても
 腰痛が取れない人のためのブログ】
——————————————

 

 

 

関連記事