2019-05-27

自信など要らない!

【自信など要らない!】

こんにちは、元ヘルニア整体師の大内です。

今日も腰痛改善で
最も重要なマインドセットのお話です。

多くの人は『自信』という言葉の意味を
たぶん勘違いしています。

今回のお話で、

あなたは『自信』という言葉の
本当の意味がわかりると思います。

突然ですが、あなたは、

「自分に自信がありますか?』

と聞かれたらどう答えますか?

「私はバリバリ自信ありますよ!」

と言う人は、
この先を読む必要は無いので
もう今すぐブログを閉じてください。

あなたは良いですか?

では行きますね。

その前に、そもそも自信があるとは
どういうことでしょうか?

自信があるとは?

上手く行っている、
成功している、
失敗しないこと、
負けないこと、

などと想っている人が

多いと想います。

さらにリバースエンジニアリング(言いたかっただけ笑)

つまりそれらを種類分けしてみると、

仕事、顔、スタイル、運動神経、
経済、家柄、マインド、

など、、

自信があるとは、

それらに対してと言うのが

一般的ではないでしょうか?

でも冷静に考えてみると、

これらのことは、

今は自信があるかも
しれないことですが、

将来までその状態が

確実に保証されるもの

ではないですよね?

仕事、顔、スタイル、運動神経、
経済、家柄、マインド、

などは、

衰えたり、

無くなる可能性だって
あるということです。

ただそうあって欲しいと
願いたいだけであって、

誰だって自分の自信が揺らぐ時って
あると想います。

つまりそれが自信がない時と
言えるかもしれません。

また自信が無い時とは、

「やってもうまく行きそうにない・・」

「自分が得をしたいが廻りの評価を
とても得られそうにない時」

などでしょうか?

思い起こせば、
かつての私がそんな感じでした。

・気になる彼女をデートに誘いしたい
・転職して新しい仕事をしてみたい
・家が欲しいが返済が続けられるかどうか心配
・FBに積極的にコメントをしてみたい

こんな場面に遭遇した時、
確かに行動にブレーキが掛かります。

「やろうか?」

「やっぱ止めようか?」

グズグズして、

なかなか決断ができない状態ですね。

しかしこんな気後れし続けると、

「何にも行動しない怠惰な人」
「安定ばかりを選ぶ」
「簡単なことばかりを繰り返し、
挑戦しないつまらない人」

と言う評価にもなります。

つまり自信がない、
気後れするという状態は、
かなり「ヤバい」状態です。

他人から自分はどう見られているのか?

はかなり重要です。

そういう自覚は気にしないという

甘っちょろい意見もありますが、

進化の上では必要不可欠な認識です。

私も、もともとグズったれで
決断ができない人間です。

今でも本質的には変わっていません。

出来れば決断はできるだけ先延ばしにして、
最後はやっぱり止めたということばかりでした(笑)

『あなたは自信があると言う人を、
あなたは信用できますか?』

しかし、ここで誤解が無いように
言っておきたいのは

・自信がある気に見せる人
・謙虚さのカケラもない人
・傲慢で思い込みが激しい人

とは全く異なる性質を指します。

このような自信はあっても
実は良いわけでもないんです。

自信とは、

「自分」を「信じる」と書きます。

つまり、

信じるとは「未来」のことなので、
未来の「結果」は誰にも分からないのです。

つまり未来は、

『信じる』

しかないんです。

「やるのか?」「やらないのか?」

これだけの違い、つまり

「覚悟」

の違いなのです。

私も椎間板ヘルニアで3ヶ月間
歩くこともままならなかった時に、

西洋医学に絶望して、
自分で治そうと決意しました。

腰痛のことを知れば調べる程
他力本願では治らないと
心底絶望できたのだと思います。

今でも余程のことがない限り
病院には行ってません。

この前に何時行ったかも
覚えていないぐらいです。

自分でやるだけのことはやって
それでもダメならしょうがいない。

病院のお世話にもなると
いうスタンスです。

自分で自分の人生の
責任を負うという覚悟です。

また人間関係は、
「一期一会」です。

もしかしたら
その時、その人と会うのが
最後かもしれない。

「また次もあるだろう・・」

ということはわかりません。

だからこそ、その時その時の、

「ベストを尽くすこと」

を考える。

人間関係とは、

『交差点で出会うのと同じ』

です。

ただたまたますれ違っただけ。

ユルほわ?キラキラ?

スピリチュアルな意味ばかり持たせては
いけません!(笑)

そこに特別な何の関係もない。

人間関係とは、

お互いが『積極的』な意思を持たなければ、
関わることなんて絶対にあり得ないのです。

全ては自分主導の

『絶対的積極』です。

あなたが商売をやっているのなら
顧客との関わりも同じです。

また次も足を運んで欲しいと思っても、
他人をコントロールすることはできない。

「他人はコントロールできない、
変えられるのは自分だけ」

というマインドセットを持つことです。

自分がベストを尽くす以外の方法はない。

ベストを尽くしても関われないなら、
それは「仕方ない」「力不足』だと
諦めるしかありません。

今、ベストを尽くして、
自分の能力を進化させる
以外の方法はない。

このように考えます。

「顧客をゲットしたい!」
「彼女をゲットしたい!」

という欲望を満たしたいなら、
自分の欲望を満たすことよりも先に、

・相手に対してベストを尽くすこと
・真剣に関わること
・今できるベストの価値を提供すること

これらのベストを尽くせたなら、
望む欲望は結果的に
近付いているはずです。

もし、望む結果が手に入らなかったら、

「相手の望む価値が高かったわけだから、
自分は更に進化する以外に手段はない」

と考えるのが賢いのではないかと思います。

私もまだまだですが、

自分への戒め、
自分の進化への決意として
まとめてみました。

あなたは自信についてどう想いますか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【毎日お届け!当院メルマガ】
『愛する子や孫にも伝えたい腰痛改善の知恵』
読み忘れをされないための読者登録はこちらから
無記名メルアドだけでご登録可能!いつでも解除可能です↓↓
——————————————
【ライン@始めました!】
ご登録は以下URLからお願いします!
——————————————
*毎日更新アメーバーブログはこちらから
【スポーツジム、ヨガ体操教室、ウォーキングをやっても
 腰痛が取れない人のためのブログ】
——————————————

 

 

 

関連記事