2019-06-24

腕にもたれないと足腰は軽くなる

【腕にもたれないと足腰は軽くなる】

こんにちは、大内です。

以前の和身塾の稽古でやったのが、

『肘の意識』

でした。

多くの人は脚ばかりで無く、

手や腕も踏ん張っていることには

気がついていません。

 

よく握りこぶしを作り、

気合いを入れて?

 

腕を力任せにブンブン振って

ウォーキングしてる人を見かけます。

 

有酸素運動的には良いのかもしれませんが、

 

実は筋肉もドンドン固くなり、

脚も重たくなってしまい、

 

それが腰痛や肩こりの原因となります。

 

私は肘への意識で

脚が軽くなるのは

実感出来ています。

 

しかし多くの人は日常生活でも

肘や手首に重みを載せて

しまっています。

パソコン作業、スマホを見る動作

など、、

検証でもその事実に

愕然としました。

かなり意識を稽古をしても

「手が重たいです・・」

などと、、

前腕や下腹に

無意識反射の固さが

出るのを相手に指摘されます。

講師の鴨谷さんがやっているのは

壁に手や肘を如何にもたれずに

足も踏ん張らず、

関われるかどうかです。

下はその検証です。

床に触れた手を相手に

上に引っ張ってもらいます。

手だけに力が載っていたり

踏ん張っていれば、

床からほぼ簡単に

引きはがされます。

手が床から離れず、

この状態のまま

足を前に出せたり、

身体を軽く自由に

動かせれば成功です。

実際やってみると

鴨谷先生のように

触れた手を中心に

メリーゴーランドのように

回ることなどできません。

身体がまず腕の間に

入れ込むことが出来ずに

手が離れてしまいます。

これは下腹が固く、

この部分を折り畳むことが

出来ていないからです。

これが身体原理の難しさで

一つの動きだけを注意して

出来るものではないということを

思い知らされました。

日々、自分の問題の場所を

チェックして改善していくことが

大切ですね。

これは夜の大人のカラダ遊びの

コーナーに追加して

取り組んでいこうと思います。

 

関連記事