2019-08-16

肘を伸ばして歩くと腰痛はラクになる

本文1

本文1

【肘を伸ばして歩くと
 腰痛はラクになる

こんにちは、大内です。

今学んでいる芯伝整体の主宰、

山崎真吾さんのテーマが

『お腹をいかに緩めるか?』

らしいです。

山崎さんのブログはこちら

http://ameblo.jp/shingo-yamazaki-info/

実際、私もお腹や股関節の付け根などが

固いことがよくわかります。

当院にコンディショニングのために

来てくれる水泳のジュニアオリンピックに

出場するほどの小学6年生、Hクン。

股割りから股抜きまで難なく

やってしまう柔軟性を持っています。

実際、施術で身体を触るとお腹や

股関節周りはメチャクチャ柔いです。

私の理想の身体を持っていて、

師匠と呼びたいです(笑)

多くの人は想像以上に

肉体にストレス(緊張)を抱えています。

この結果、

脚が重たくなります。

またそんな人は、

『重心を高くする』

ことが苦手です。

歩き方も左右に揺れ、

上下に浮き沈みしていて、

胸が前に突っ込んで

出尻の状態となっています。

注意点ですが

『常に肘を天井に伸ばしておく

 意識を保つこと』

『肘は高く、お腹は柔らかく』

です。

絵図的には昔流行った

デューク更家さんの

ウォーキングダイエット

みたいな歩き方です。

ここでは混乱してしまう可能性が

あるので控えますが、

重要なポイントが

『仙骨で歩く事』です。

どちらかの股関節に

乗らないで、

とにかく身体の中心を

意識するだけで

さらに楽に歩けるように

なります。

腰が痛い人というのは

以下のような症状も

併せ持っていることが多いです。

・脚が常にだるい

・腰がだるい

・ふくらはぎがいつも張っている

・むくみが強い

・太もも周りの太さが気になる

このような人は

お腹が緊張したり、

肋骨周りが緊張しています。

それによって

腕を上げているのが

辛くなってきます。

しっかりと肘は天井に

伸ばしながら、下は緩める。

始めは難しいですが

これができれば腕を

上げているのも辛くありません。

この重心を上げることと

緩めることを

『同時に行うこと』

が最大のポイントです。

肘を高く伸ばして上げているだけでも

脚が軽くなるので、

ぜひチャレンジして

みてください。

関連記事