2020-12-30

月と腰痛との関係とは?

こんにちは、
元ヘルニア整体師の大内です。

今日は満月らしく、
隣街に行った帰りに運転中に見た

夕暮れ時のメチャクチャ大きな月が
グッと引き込まれ、見入ってしまうぐらい
とてもキレイでした。

そんな月と我々の意外な関係ですが、、

実は私たちは
日々、宇宙、自然の
影響をかなり受けています。

例えば、この月によっての
影響もあります。

人が生まれるときは

『満ち潮』

死ぬときは、

『引き潮』

とも言われます。

これは統計データ上でも
かなり当たっているそうです。

月の状態が人間に
影響を与えることは、

昔の人はかなりわかっていて、
日常にも利用していたそうです。

事実、身体への影響として、

満月の時に頭痛や腰痛など
身体の痛みなど、
不調を訴える方が多かったり。

原因はもちろん月の影響だけではなく、

さまざまな因果関係のつながり
因縁から起こるものですが、

月の引力によって物理的に
身体の組織、血液まで引っ張られる
可能性はかなりあるということです。

海水があれだけ、
満ち足り引いたりすることからも
そのパワーが言われてみれば

どなたにもご理解できると思います。

頭痛も頭に血が上り過ぎることで
起こるとも言われてます。

天気が悪くなると
頭痛が起こるというのも

上昇気流の低気圧に
身体が引っ張られるのが
一つの要因とも言えます。

しかし、、

人間が月や天気を
コントロールすることは出来ません。

でも、自分の身体バランスを
整えていれば、

それらから影響を受けることが
少なくなります。

『他人はコントロール出来ない、
自分はコントロールで出来る』

ですね。

他を変えようとするのではなく、
自分が変わる。

これが唯一、人間に出来ることです。

月の影響を受けな身体作りを
来年もして行きたいですね。

関連記事