2021-02-22

腕をメチャクチャ振るウォーキングはどうなのか?

『日本人のDNAに備わっている身体の感性を取り戻せば、
何歳になっても運動神経・能力はアップする!』

人生100年時代!心身共にストレスフリーで
生き抜く智慧『脱筋力』

年齢、体力、運動センス問わず、誰でも出来る
身体の使い方を次世代へ継承する、
永遠のチャレンジャー応援団長の整体師の大内です。

 

「腕を振る」と言う言葉があります。

私、中高と陸上部(中:砲丸、高:やり投げ)
でした。

顧問の先生に、

「腕を振ると脚が出るので
しっかり腕を振れ!」

と言われ続けてきました。

私も陸上の指導に関して
専門家ではないので、
詳しいことは分かりませんが、

短距離走の腕振りはやってる時間が短いので、

「良いのか?」とも思いますが、

マラソンなど長距離で
腕を長時間に渡って、

『振る』と言う目的行為が、

「果たして本当に良いことなのか?」

とは身体原理を学べば学ぶほど
疑問が残ります。

昔の飛脚は江戸から京都までなど
長い距離を一人で走ったと言われてますが、

荷物をこんな風に担いでもいたようなので

「実際に彼らは腕を振ると言う意識は
あったんだろうか?」

などともつい考えちゃいますね。

私が自動車を運転していると、
ウォーキングをでスゲ〜勢いで
腕を振って歩いている人がたまにいます。

見た目にもかなり不自然に感じますが、
これも実際、どうなんですかね?

とりあえず、
この辺はわからないので
リサーチして行きたいと思います。

身体原理的には、

腕から腕を振る行為は
効率が良い動きではありません。

腕から腕を動かすと、
体幹、特に背骨が使われません。

人間にとって一番のパワーの源は
背骨です。

その背骨を使わないのは、
もったいないと実感しています。

理想は、

『身体の中心から動かされる腕』

です。

腕はパワーの源である背骨からの連動で、

結果的に動かされてしまうのが最高です。

以下の動画を見ながら、

『身体の中心から動かされる腕』

やってみてください。

ARVE Error: Mode: lazyload not available (ARVE Pro not active?), switching to normal mode

+——————————-+

毎朝5時にお届け!
心身共にストレスフリーになれる智慧をあなたに!

【脱筋力で永遠のチャレンジャーを目指すメルマガ】

読者登録は以下からどうぞ↓↓↓
https://mail.os7.biz/add/bcoe

 

+——————————-+

 

【院長大内の壮絶な腰痛体験記で腰痛改善のプロセスが分かる↓】

【当院公式ラインご登録、初回2,000円キャンペーン大好評実施中!↓】

+——————————-+

★お得な情報満載 LINE@ご登録はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40nar0717v

【発行者情報】
健風館施術院 大内英二
静岡県富士市浅間上町1-3
0545-51-7839

ご質問、お問い合わせはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8bb910bd305954
+——————————-+

関連記事